健康体質 ドットコム

健康に関する情報を分かりやすく発信してまいります。

ピストル血圧の原因とイヤイヤ発散体操 その原因Xにあり

   

7月28日の『その原因Xにあり』で、里見浩太朗さん
に密着しながら、ピストル高血圧の仕組みや
その改善体操『イヤイヤ発散体操』が特集されていましたね。

 

こちらでは番組内容に沿ってこれらの高血圧の仕組みや改善法をご紹介してまいります。

 

 

⇒ ⇒ 【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

 

 

スポンサードリンク

 

突然死もある「ピストル血圧」とは

ピストル血圧とは血圧が一時的に急上昇する危険な状態をいいます。

その引き金を引くのはみなさんも日常生活でついついやりがちなことに原因が潜んでいるのです。

 

一般に普通の人の血圧は運動や家事ストレスなどで血圧は微妙に高くなったりします。
その幅は40から50位は簡単に変動します。

このピストル血圧による急激な血液の圧力で、血管の壁はボロボロに傷ついていきます。

 

脳梗塞や心筋梗塞などで突然死にいたるのは、このピストル血圧が原因してる可能性もあるのです。

 

では、ではどのようなことでしとる血圧が起こるのでしょうか。
そこには3つの原因がありました。

血管の名医・池谷先生は以下の3つを原因としてあげています

① 朝から運動

② 急激な温度変化

③ メンタル

 

これらについて、順番に見ていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

『朝から運動』ピストル血圧の原因(1)

奥さんからも「歩きなさい」と常日頃から言われている里見浩太朗さん。
番組では朝6時に起きて、大好きなゴルフをされていました。

カートには乗らずできるだけ歩くことを意識して、歩幅を大きく歩くようにしているそうです

 

しかし、3ホール目のティショットのあと、平均138の血圧の里見さんはこの時204になっていました。

ご自身も

「204!? これ上がりすぎだよ、倒れちゃうよ」

と、びっくりしていました。

 

池谷先生は、朝から運動することはピストル血圧を招きやすいといいます。

「実はゴルフ場では、脳や心臓の病気といった血管事故がかなり起こりやすい

それも、1番目~2番目のホールでの事故が多い」

といいます。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

一般に人間の血圧は寝てる間は下がっています。
目覚める少し前から急上昇を始めます。
そして、目が覚めたときにはかなり高い状態になっているといいます。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

これは体を目覚めさせるために血圧が高くなっていくようになる人間の身体の仕組みなのです。

そこに、さらに運動して心臓や結果に大きな負担をかけるというわけです。

これが朝一番のゴルフ場での血管事故でつながっていると考えられています。

 

スポンサードリンク

 

このことはゴルフだけに限らず、健康にいいからと多くの方がやっている朝一番のジョギングなんかも例外ではありません。

番組で一般参加者として取り上げられた主婦の方は、完成時の血圧は129なのですが、毎日行っている早朝のジョギングで測定した血圧では244まで上昇していました。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

池谷先生は起きてから1時間から2時間は無理をしないことが大事だといいます。

 

実は朝起きてから1時間から2時間の間は、
医師の間では『魔の時間』とと呼ばれる危険な時間帯なのです。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

例えば朝起きてすぐの布団上げなどで力む行動は、血圧が急上昇する原因になります。

このような時の体策として池谷先生は、布団上げは朝食の後にゆっくりした方が良いとアドバイスしています。

 

 

スポンサードリンク

 

『急激な温度変化』ピストル血圧の原因(2)

入浴などで火照った身体を冷やそうと、エアコンの涼しい空気に浸ったり、扇風機の風で涼んだりしますよね。

 

モニターの看護師の女性は、入浴直後144だった血圧が、扇風機の前に立ったあと一気に100 477まで急上昇しました。

 

池谷先生は急激な温度変化はピストル血圧を招きやすいといいます。

涼しい風に当たることで寒冷刺激によって、血管が縮みあがりその結果血圧が上がるという仕組みです。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

その他にも、キンキンに冷えた麦茶を一気飲みした場合も139か183まで血圧が急上昇していました。

 

暑いからといっても身体へのの急激な温度変化は禁物なんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

『メンタル』ピストル血圧の原因(3)

ピストル血圧の原因3つのうち、
感情の起伏が最も血圧を激しく変動させることが分かりました。

大好きなゴルフを楽しむ里見浩太朗さんでも、ミスショットした時周りの人たちには笑顔を見せ平静を装っていますが、安静時138の血圧は正直にも199まで急上昇していたのでした。

 

ピストル血圧を招く芸人のメンタルですが、さらに細かく分けると3つあります。

① イライラ

② 自分へのプレッシャー

③ 興奮しすぎ

 

イライラがピストル血圧を招くメンタルな原因

里見浩太朗さんご本人もおっしゃっていましたが、ナイスショットしてリカバリーショットで冷静な顔をしていながらも実際はその内心イライラしていたのかもしれませんね。

 

イライラの解消法として、池谷先生はこのような方法をオススメしています。

『相手をやり込めて気が治まるのと、自分の血管が傷つくこととと、どちらが大事かを考える』

こう考えるとだいたい怒りが静まるのだといいます。

 

 

自分へのプレッシャーがピストル血圧を招くメンタルな原因

大好きなゴルフで、里見浩太朗さんはグリーンでのプレイで血圧が急上昇する場面が何度もありました。

つまり、これは自分へのプレッシャーが血圧をあげているのです。

自分へのプレッシャーが働く原因には

「人にいいところを見せたい」

「失敗したくない」

このような心理があるのではないかと、池谷先生は推測しています。

そして、このような考えを捨て去ることが大事だといいます。

 

このようなプレッシャーは日常生活の中でもありますよね。
たとえば主婦の方はご主人の帰宅時間が迫っている夕食準備などでは、プレッシャーに襲われていることが多いと思います。

一般モニターの主婦の方は、朝のジョギングと同じレベルの233まで一気に上昇していました。

料理を間に合わせなければいけないというプレッシャーが、血圧をあげさせたのです。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

 

興奮しすぎがピストル血圧を招くメンタルな原因

里見浩太朗さんはオフの日には好きなビデオや映画を見て過ごすそうです。

この日、ご自分の水戸黄門のビデオを見終えて、番組スタッフと水戸黄門論に熱が入ると、血圧が一気に上がり始めました。

安静時138の血圧が172まで上昇していました。

 

また趣味で独学で学んだピアノを弾き終えたあと、スタッフからベタ褒めされてまんざらでもなかった里見さんですが、血圧は204まで上がりました。

 

この原因を池谷先生は、

「喜びすぎという興奮しすぎも、ストレスがかかったときと同じような状況が起こる」

というのです。

 

 

スポンサードリンク

 

血圧になりやすい人とは…

池谷先生は高血圧を招きやすい性格があるといいます。

それは、

① 几帳面

② 完璧主義

③ 負けず嫌い

④ せっかち

このようなひとは、血圧が高くなりやすい傾向があるのだそうです。

自分で思い当たるところがある人は、注意したいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

イヤイヤ発散体操 15秒で出来るピストル血圧改善

池谷先生考案の急上昇した血圧を落ち着かせる簡単な体操が披露されました。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

名付けて『イヤイヤ発散体操』

これは、ストレスを簡単に発散できる体操難だそうです。

やり方は簡単です!

① 唐田の力を抜いて立ちます。

② 上半身を「イヤイヤ」する子供のようにグラグラと動かします。

これを、15~20秒この体操を行えば血圧の低下が期待できるというのです。

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

その原因Xにあり ピストル血圧 イヤイヤ発散体操

 

この体操、池谷先生は血圧が上がりやすい患者さんに実践してもらったところ、血圧が速やかに下がっていったそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

ピストル血圧はちょっとした生活改善で激減

このように急激に上昇する血圧は「ピストル血圧」と呼ばれていますが、生活の中でちょっとした改変や気持ちの切り替え方で、一気に血圧を下げることができることが分かりましたね。

 

わたしも、健康診断のときはいつも血圧が高いと言われます。
「白衣高血圧」ではないかと思っているんですが、
今度の診断のとき、この「イヤイヤ発散体操」をして見たいと思います!

 

スポンサードリンク

 

ad

 - その原因Xにあり, 高血圧 , ,