健康体質 ドットコム

健康に関する情報を分かりやすく発信してまいります。

糖質制限でなぜやせる?それは脂肪を減らすため!

   

fast300-090957

いま、糖質制限の食事法が話題になっていますよね。

最近テレビCMでも話題のパーソナルジムがその食事法に糖質制限を摂り入れているということでも、話題です。

運動して、筋肉を鍛えることで痩せるだけでなく、なぜ糖質制限という食事法を摂り入れているのか、それは「脂質」を増やさないようにするためです。

 

スポンサードリンク

そもそも糖質はなぜ悪者に?

最近、「カロリーオフ」を耳にするよりも「糖質オフ」を目にしたり耳にするようになりましたよね。

なぜここまでも、糖質が健康に良くないとして注目されるのでしょうか?
それは、余分な糖質が脂肪になるなるからです!

 

糖質を摂りすぎると脂肪が増えるワケとは?

fast300-330801

糖質が食事で体内に摂取されてからのシステムをご紹介します。

糖質は体内に摂取されると、消化吸収でたちどころにブドウ糖(血糖)として血液内に取り込まれます。

このブドウ糖はエネルギー源として活用されるものです。
そのブドウ糖を体内に運搬する作用を持つインスリンというホルモンがすい臓から分泌されて、体内に運搬する手助けをしてくれます。

 

このように、糖質はエネルギーになる栄養素です。

しかし、このブドウ糖はエネルギー源として使われなくて余ると、脂肪脂肪と合成して、脂肪として蓄積していきます。

つまり、各人それぞれが体を動かすのに必要なエネルギー以上のエネルギーを生みだすオリゴ糖、ひいては、糖質を摂ってしまうと、それらが全部脂肪に変わって溜まっていくんです。

スポンサードリンク

大量の糖質でインスリンが大量に分泌される

じわじわと糖質が摂取される時は、インスリンの量はそれに応じた適度な量が分泌されます。

しかし、大量の糖質が摂取されると血管内に大量の血糖が増えることになり、それを抑えようと大量のインスリンが分泌されるのです。

この大量のインスリンは糖質をエネルギー源として体内に運搬するよりも、脂質として蓄積する作用が大きくなり、その結果脂肪がどんどん体内に蓄積されていくんです。

 

糖質がなければ脂肪燃焼してエネルギー補給

fast300-124192

以前、一世を風靡したダイエット法が脂肪燃焼でした。
このときの脂肪燃焼法は「運動して脂肪を燃やしましょう!」というものでした。
最近は、脂肪燃焼を促進するサプリに変わってきましたね。

そのほかにも、糖質制限で脂肪を燃焼させるのです。
糖質はエネルギー源ですが、この糖質の摂取が少ないと、人間の体は脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解して、脂肪酸をエネルギーとして消費します。

さらに、脂肪が分解するときに、「ケトン体」が作りだされます。
このケトン体もブドウ糖に変わってエネルギー源になるんです。

つまり、本来エネルギー源になるはずの糖質が少なくても、かつて蓄積してあった脂肪を分解することで、エネルギーとして使うことができるんです。

 

糖質がなければアミノ酸がエネルギーとして使える

糖質の摂取が少ないとエネルギー源が少ないからと、体力不足を指摘する声があります。

しかし、人間の体はそれほど軟弱になっていません。
脂肪の分解の他に、アミノ酸をもエネルギーとして使うことができるんです。

具体的にはアミノ酸がブドウ糖を作りだしてエネルギーに使うのです。

 

まとめ

三大栄養素は、タンパク質、脂質、糖質の3つです。
このうち、糖質は食事として体内に入るとすぐに血液からエネルギーとして使われます。

しかし、必要以上の糖質は、糖質から変換されたブドウ糖がインスリンの働きで形を変えて、脂肪として蓄積されるのです。

つまり、糖質を減らして、エネルギーとして使いきるか、さらにもっと減らして脂肪を分解させてエネルギーとして消費させることで、糖質オフ、脂肪現象という2つの効果で体重を減らすことが可能になるんです。

 

スポンサードリンク

 

ad

 - 糖質制限 ,